10月1日にDrupal 8のベータ版がリリースされましたので、早速テスト環境にインストールしてみました。
少しさわってみた範囲ですが、Drupal 7からの変更点は次のようなものがあります。

Symfonyのコンポーネントをコアに組み込み
SymfonyフレームワークのいくつかのコンポーネントがDrupalコアに組み込まれました。
サイト構築の際に直接影響が出そうなのは、デザインテーマの作成でしょうか。テンプレートエンジンが「Twig」に変更になったので既存テーマに関しては作り替えが必要です。
Viewsモジュールをコアに組み込み
Drupalでは必須と言えるViewsモジュールがコアに組み込まれました。使用感としてはDrupal 7の時のView 3とあまり変わりません。
コアに組み込まれたことにより、管理ページの一部もViewsで生成されています。
スマートフォン、タブレットへの対応
標準でレスポンシブデザインを採用されていますので、管理メニューが画面サイズによって変化するようになりました。
デフォルトテーマの「Bartik」も、レスポンシブデザイン仕様になっています。
CKEditorをコアに組み込み
記事作成の際のエディタにCKEditorが組み込まれました。
インストールが簡単に
日本語を含む多言語のインストールがより簡単になりました。あらかじめ「.po」ファイルを用意する必要はなくなりました。

フロントページ
管理メニューを含むフロントページはDrupal 7から大きな変化はないようです。
CKEditor
記事作成の際に標準でCKEditorが使えるようになりました。
デザインテーマ
Drupal 7から引き続き「Bartik」が標準テーマです。レスポンシブデザイン仕様になっています。
Views
コアに組み込まれたViewsは、Drupal 7の時と同様に便利です。

Drupal 8もベータ版になり、正式版のリリースまでもう少しになりました。
コアにSymfonyのコンポーネントが組み込まれたということで、内部的には大きな変化があったと思います。
Symfony自体は使っていないのですが、同じくSymfonyをベースにしたLaravelを最近使うようになったので、興味深いところもあります。
アルファ版が長かったことを考えると、正式版が出るまでにはかなりの時間を要するかもしれませんが、今後が非常に楽しみです。