Joomla!標準では記事の投稿フォーム内でPHPを実行することはできませんが、「Jumi」というプラグインで、PHPの出力を行うことができます。
使い方は、予め用意したPHPファイルをサーバにアップしておき、記事内からJumiの専用コードで、PHPファイル名と引数を記述して実行します。
WordPressのショートコードに似た使い方です。

1
{jumi[scripts/test.php][5][2]}

上記の例ではJoomla!を設置しているルートディレクトリに「scripts」というディレクトリを作り、その中にPHPファイル「test.php」を置いてあります。二つ目以降の四角カッコが引数になります。
PHPファイルには次のように記述しておきます。

1
2
3
<?php
echo $jumi[0] * $jumi[1];
?>

「$jumi[n]」で順番に引数を受け取っていきます。上記のを実行した記事では「10」と出力されます。

またJumiにはモジュール版のあり、任意のブロックにPHPコードを出力することができます。

カスタムHTMLモジュールのPHP版のような使い方ができます。
Jumiプラグインページ