Finderに換わるファイルブラウザ&FTPクライアントの「ForkLift」ですが、先ごろバージョンが2.5にアップして、さらに便利な機能が数多く追加されました。
バージョン1.xのころにはFTPクライアントとしての特色が強かったですが、FTPクライアントとしての枠にとどまらない、ユーティリティなソフトに進化しています。
ユーザーインターフェイスもOSX 10.7 Lionにマッチして、より美しくなっています。
ForkLift
基本構成は2ペインで、それぞれにタブ表示が可能になっています。サイドバーのエリアにも自由に項目を追加できるので、作業効率が上がります。
自分が使っている中で、特に便利だと思う機能をいくつか挙げます。

Stacks

ファイルの仮置き場です。
あちこちのディレクトリに散在しているファイルへ頻繁にアクセスする際に、「Stacks」という特殊なスペースに入れることで、素早くアクセスができます。
「Stacks」に置かれたファイルはエイリアスなので、実ファイルは元の位置から変わりません。
ForkLift

Delete App

アプリケーション削除のアシスト機能です。
ForkLift内でアプリケーションを削除(コマンド+デリート)をすると、そのアプリケーションに関連する設定ファイルなどを見つけ出し、ダイアログで表示してくれます。
同様の機能は単体アプリでもいくつか存在していますので、これをForkLift内で行えるのはとても便利です。
ForkLift

Multi-rename

複数のファイル名書き換え機能です。
複数のファイルを選択した状態でリターンキーを押すと、ウィンドウが表示され、まとめてファイル名をバッチ処理で書き換えることができます。
正規表現によるファイル名の書き換えも可能です。
ForkLift
ForkLift

Disklets

接続したサーバのディレクトリを、ディクスとしてマウントする機能です。
FTPやWebDAVなどForkLiftから接続したサーバを、外部ストレージの様にマウントすることができます。
これによってFinderや他のアプリからも直接サーバにアクセスできるので、サーバの使い道も広がりそうです。

もちろんFTPクライアントとしても機能も充実していて、様々なサーバへのアクセスが可能です。転送速度も体感的にかなり速い様に思います。(Transmit 4よりも速いかな・・・)
Macでファイルブラウザ、FTPクライアントを検討中の方には、ぜひお勧めしたいソフトです。

BinaryNights (ForkLift)