昨日発売されたOS X Lionを、メインマシンとして使っているiMac(Early 2008)にインストールしました。
本当はサプのノートにインストールしたかったんですが、初期のMacBook(Early 2006)でCPUが対象外でした・・・。

インストールは既存のSnow Leopardを上書きするかたちで、ガイドに従って行いました。所要時間はおよそ40分でした。
一番心配していた普段使っているアプリケーションとの互換性ですが、今のところ特に問題はありません。「Coda」「ForkLift」「Path Finder」「QuicKeys」「LaunchBar」など、正常に動いています。(僅かに表示がおかしかったりしますが)

OSのメジャーアップグレードで、これほどスムーズに移行できるのは、よくよく考えてみるとすごいことですよね。