Drupal

Drupal 8のベータ版をインストール。

2014.10.10 / Labs

10月1日にDrupal 8のベータ版がリリースされましたので、早速テスト環境にインストールしてみました。
少しさわってみた範囲ですが、Drupal 7からの変更点は次のようなものがあります。

 

Symfonyのコンポーネントをコアに組み込み
SymfonyフレームワークのいくつかのコンポーネントがDrupalコアに組み込まれました。
サイト構築の際に直接影響が出そうなのは、デザインテーマの作成でしょうか。テンプレートエンジンが「Twig」に変更になったので既存テーマに関しては作り替えが必要です。
Viewsモジュールをコアに組み込み
Drupalでは必須と言えるViewsモジュールがコアに組み込まれました。使用感としてはDrupal 7の時のView 3とあまり変わりません。
コアに組み込まれたことにより、管理ページの一部もViewsで生成されています。
スマートフォン、タブレットへの対応
標準でレスポンシブデザインを採用されていますので、管理メニューが画面サイズによって変化するようになりました。
デフォルトテーマの「Bartik」も、レスポンシブデザイン仕様になっています。
CKEditorをコアに組み込み
記事作成の際のエディタにCKEditorが組み込まれました。
インストールが簡単に
日本語を含む多言語のインストールがより簡単になりました。あらかじめ「.po」ファイルを用意する必要はなくなりました。

フロントページ
管理メニューを含むフロントページはDrupal 7から大きな変化はないようです。
CKEditor
記事作成の際に標準でCKEditorが使えるようになりました。
デザインテーマ
Drupal 7から引き続き「Bartik」が標準テーマです。レスポンシブデザイン仕様になっています。
Views
コアに組み込まれたViewsは、Drupal 7の時と同様に便利です。

 

Drupal 8もベータ版になり、正式版のリリースまでもう少しになりました。
コアにSymfonyのコンポーネントが組み込まれたということで、内部的には大きな変化があったと思います。
Symfony自体は使っていないのですが、同じくSymfonyをベースにしたLaravelを最近使うようになったので、興味深いところもあります。
アルファ版が長かったことを考えると、正式版が出るまでにはかなりの時間を要するかもしれませんが、今後が非常に楽しみです。

Drupal 7のViewsによる月別アーカイブの表示をカスタマイズ。

2014.08.03 / Labs

Drupal 7でブログやニュースなどの記事一覧で、月別アーカイブを設置することがあります。
Viewsではデフォルトでこの機能が搭載されていて、「contextual filter」の作成年月のフィルターをかけたブロックを作成することで実現できます。
標準の月別アーカイブブロックは、次のように表示されます。

 

  • 8月 2014
  • 7月 2014
  • 6月 2014

 

月が始めにくる英語圏に合わせた表記なので、日本語サイトでは違和感があります。
「2014年 8月」のように順番を逆にするには、Views内の設定画面では行えず、Views自体のモジュールを変更する必要があります。
将来的なモジュールのバージョンアップを考えると、モジュール本体に手を加えるのは避けたいところです。
他の方法としては、Viewsで作成されたブロックのテンプレートファイルを修正する方法もあります。

 

下記はシステムデフォルトのブロックテンプレートファイル(modules/block/block.tpl.php)です。

このテンプレートファイルをお使いのテーマディレクトリにコピーして、Viewsの月別アーカイブブロックに合わせてファイル名を書き換えます。
例えば「news」という名称のViewsで「block-1」の場合には「block–views–news-block-1.tpl」というファイル名に変更します。
テンプレートのファイル名を変更することによって、月別アーカイブでのみ使用するブロックとなります。

 

この中の「<?php print $content ?>」という部分がブロックの本文になります。
今回はブロック本文を正規表現で「8月 2014」を「2014年 8月」に書き換える処理を施します。

上記の変更により、月別アーカイブの表示が次のようになります。

 

  • 2014年 8月
  • 2014年 7月
  • 2014年 6月

Drupal 7のテーマでIE向けのJavaScriptの読み込み。

2014.04.05 / Notes

Drupalのテーマで、古いIE向けに条件コメント付きのJavaScriptの読み込み方法です。

 

テーマディレクトリ内の「template.php」ファイルにプリプロセスとして次のように記述します。

実際のレンダリングでは次のようになります。

「page.tpl.php」内にアカウントのフィールドを表示する際のメモ。

2014.01.28 / Notes

Drupal7の「page.tpl.php」内に、追加で作成したアカウントのフィールドを表示する際のメモです。

上記では管理画面の「アカウントの設定 > フィールドの管理」ページにて、本名として「field_name」というフィールドを作成した場合です。