PHP

Drupal8でTwigキャッシュの無効化。

2015.11.16 / Notes

Drupal8でテーマ作成時などに、Twigのキャッシュを無効化する際のメモです。
次の2点のファイルに、それぞれ記述します。

 

sites/default/settings.php

 

sites/development.services.yml

上記を記述後に「管理 > 環境設定 > パフォーマンス」ページで、一度だけキャッシュをクリアーする必要があります。

Drupal 7でテンプレート内でのリダイレクト。

2015.04.20 / Labs

Drupal 7で「page.tpl.php」などのテンプレート内でリダイレクト処理のメモです。
カレントユーザーがログインしていない場合には、次のような記述でログインページにリダイレクトできます。

パラメータの「destination」にURLを入れることで、ログイン後に該当ページへ移動することもできます。

Drupal 7のViewsによる月別アーカイブの表示をカスタマイズ。

2014.08.03 / Labs

Drupal 7でブログやニュースなどの記事一覧で、月別アーカイブを設置することがあります。
Viewsではデフォルトでこの機能が搭載されていて、「contextual filter」の作成年月のフィルターをかけたブロックを作成することで実現できます。
標準の月別アーカイブブロックは、次のように表示されます。

 

  • 8月 2014
  • 7月 2014
  • 6月 2014

 

月が始めにくる英語圏に合わせた表記なので、日本語サイトでは違和感があります。
「2014年 8月」のように順番を逆にするには、Views内の設定画面では行えず、Views自体のモジュールを変更する必要があります。
将来的なモジュールのバージョンアップを考えると、モジュール本体に手を加えるのは避けたいところです。
他の方法としては、Viewsで作成されたブロックのテンプレートファイルを修正する方法もあります。

 

下記はシステムデフォルトのブロックテンプレートファイル(modules/block/block.tpl.php)です。

このテンプレートファイルをお使いのテーマディレクトリにコピーして、Viewsの月別アーカイブブロックに合わせてファイル名を書き換えます。
例えば「news」という名称のViewsで「block-1」の場合には「block–views–news-block-1.tpl」というファイル名に変更します。
テンプレートのファイル名を変更することによって、月別アーカイブでのみ使用するブロックとなります。

 

この中の「<?php print $content ?>」という部分がブロックの本文になります。
今回はブロック本文を正規表現で「8月 2014」を「2014年 8月」に書き換える処理を施します。

上記の変更により、月別アーカイブの表示が次のようになります。

 

  • 2014年 8月
  • 2014年 7月
  • 2014年 6月

Drupal 7のテーマでIE向けのJavaScriptの読み込み。

2014.04.05 / Notes

Drupalのテーマで、古いIE向けに条件コメント付きのJavaScriptの読み込み方法です。

 

テーマディレクトリ内の「template.php」ファイルにプリプロセスとして次のように記述します。

実際のレンダリングでは次のようになります。

CakePHPサイト引っ越しの際の注意点。

2014.03.10 / Notes

CakePHPで作成したサイトのサーバ引っ越しは比較的簡単に行えます。
基本的にはファイル一式とデータベースを新サーバにコピーして、データベース情報を「app/Config/database.php」にて、新しい情報に書き換えます。
上記の作業のみでおおむね引っ越しは完了ですが、注意点としては「app/tmp/~」内のキャッシュファイルなどが影響して表示がおかしくなる場合があるので、このディレクトリ内の不要ファイルを削除しておいた方が安心です。