Drupal8で「node.html.twig」をURLエイリアスごとに振り分ける際のメモ。

2020.04.03 / Notes

ノード用テンプレート「node.html.twig」でURLエイリアスに基づいて、テンプレートファイルの命名規則を追加します。
例えば「company」ページの場合「node-company.html.twig」といった命名規則になります。

上記ではトップページの場合「node-front.html.twig」に、「company/about」ページの場合「node-company-about.html.twig」となるようにしています。

FullCalendarバージョン4の設置サンプル。

2019.08.14 / Labs

カレンダーの生成に便利なFullCalendarがバージョン4になり、ファイル構成や記述方法が大きく変わりましたので、簡単なサンプルを作成しました。
FullCalendarのJavaScript、CSSの各ファイル(計4点)はCDNから読み込んでいます。
サンプルはこちら

日本語化には標準で各言語に対応(ドキュメント)していますが、細かい調整のためにそちらはあえて使わず、個別に書き換えています。
イベント情報のJSONファイル(events.json)は次のように記述しています。外部ファイルではなく、直接記述でもOKです。

フォームのデザインのまとめ。

2017.12.19 / Labs

フォーム内のテキストフィールドなどのパーツデザインのカスタマイズのまとめです。
サンプルはこちら

 

デザインは基本的にCSSのみで行なっています。セレクトボックスの下向き矢印のみSVG画像を使用しています。
フォームのHTMLはこちら。

CSSはこちら。ラジオボタン、チェックボックスでは本来のパーツを非表示にして、<span>タグで独自のパーツを作成しています。

JavaScriptのアニメーション用ライブラリ「TweenMax」。

2016.04.19 / Notes

高機能アニメーション用ライブラリ「TweenMax」を使ってみました。
JavaScriptによるアニメーションのライブラリはいくつかありますが、その中でも「TweenMax」はパフォーマンスも高く、機能も豊富です。
サンプルはこちら

 

単純なアニメーションであれば、下記のように書くことができます。

もう少し複雑なアニメーションの場合には、TimelineLiteクラスを利用したほうが良いかもしれません。

TimelineLiteクラスでは、メソッドチェーンで連続したアニメーションを作成できます。

 

上記では「TweenMax」「TimelineLite」を使っていますが、その他に「TweenLite」「TimelineMax」があります。
名称の通りMaxが付く方が全機能版で、Liteは軽量版になります。
SVGやCanvasにも使えるので、アニメーションの作成には重宝しそうです。

 

TweenMax(GSAP)