Notes

jQueryによる画像プリロード。

2015.02.02 / Notes

CSSを使ってボタンのロールオーバーで画像を差し替えなどの処理の際に、画像が読み込まれていない状態では一瞬ちらつきが発生することがあります。
ロールオーバー用の画像をあらかじめ読み込むために、jQueryを使って画像をプリロードするためのメモです。

CKEditorで画像サイズの指定を変更。

2015.01.12 / Notes

CKEditorの編集画面で画像を挿入すると、デフォルトでは画像のサイズをStyle属性にて指定されます。

通常の使用では特に影響はありませんが、レスポンシブデザインの場合、画面サイズに合わせて画像が縮小表示するように、CSSで次のように記述することがあります。

ですがStyle属性でサイズを指定してある場合そちらの方が優先されますので、CSSの設定では期待通りに画像を表示することができません。

 

CKEditorで編集の際にStyle属性ではなく、従来のwidth、height属性で画像サイズを指定するには、CKEditorの「Enhanced Image」というプラグインをインストールすることで実現することができます。
このプラグインを有効にするためには、次の依存するプラグインも併せてインストールする必要があります。

「Dialog」「Clipboard」については標準で入っていますので、残りの2つを「ckeditor/plugins」ディレクトリに入れます。
その上で設定ファイル「ckeditor/config.js」内に次の一行を追加します。

DrupalでCKEditorを利用している場合、環境設定のCKEditorの設定にある「高度なオプション」に上記を記述することもできます。

Drupal 8のテンプレート内で投稿日時のフォーマットを変更する方法。

2014.10.29 / Notes

Drupal 8からテンプレートエンジンがtwigに変更になりましたので、デザインテーマの作成方法も大きく変わりました。
細かい点ですが「node.html.twig」内で投稿日時を任意のフォーマットに変更する際のメモです。

 

一番シンプルな方法としては、テンプレート内でフォーマットを指定することができます。

 

node.html.twig

「createdtime」はタイムスタンプですので、「|」を挟んでフォーマットを指定します。

 

Drupalでは環境設定に日時のフォーマットを登録していて、デフォルトでは「long」「medium」「short」の3種類があります。
この登録済みのフォーマットを指定する場合には「template_preprocess_node」に変数を用意します。

 

THEMENAME.theme(THEMENAMEは実際のテーマ名になります)

「created」という変数(名称は任意で)を設けて、その中に日時のフォーマットを指定した値をいれます。
テンプレート内では次のように記述します。

後者の方法で日時を指定したほうが、メンテナンス性は高いと思います。

MAMP PROでPostfixにGmailを設定のメモ。

2014.09.24 / Notes

MAMP PROのPostfixにGmailを設定して、ローカルからメールを送信する際のメモです。
MAMP PRO
「ユーザー名」「パスワード」は実際にGmailで使われているものを入力します。
Gmail以外でも一般的なSMTPでしたら問題なく送信できると思います。

CSSでテキストの一行目だけを一文字分出したいとき。

2014.07.27 / Notes

CSSで注釈などのテキストの一行目だけを、一文字分出したいときのメモです。

テキスト全体を「padding-left」で一文字分下げて、「text-indent」にて一行目のテキストのみ一文字分、前にずらしています。表示は次のようになります。

 

※注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。注釈のテキストが入ります。